1. TOP
  2. 個人情報の取り扱い

個人情報の取り扱い

個人情報の取り扱い

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(以下「当協会」という。)は、当協会が運営するホームページを含め、すべての業務において、個人情報を保護することが重要であると認識するとともに、当協会の社会的責任、責務であると考え、以下の個人情報保護方針を制定し、全職員に周知徹底し、個人情報の保護に努めてまいります。

  1. 個人情報の収集、利用および提供について
    個人情報の収集は目的を明確にし、事前にご本人(情報主体)の同意を得てから行います。
    個人情報を利用、提供する場合は、事前に通知または公表した目的の範囲内でのみ行い、法令に基づく場合を除き、ご本人の同意のない利用、提供は行いません。
  2. 個人情報の第三者提供について
    当協会は、法令に定める場合を除き、保有する個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはいたしません。
  3. 個人情報の適正管理について
    当協会は、保有する個人情報を適切に管理し、不正アクセス、個人情報の紛失、改ざんおよび漏洩等の防止に努め合理的な安全措置を講じます。
  4. 権利の尊重と個人情報の開示・訂正・利用停止について
    当協会は、保有する個人情報についてご本人から開示請求があった場合、又は開示した個人情報に対して訂正若しくは利用停止の請求があり、当該請求に正当な理由があると認められるときは、合理的な期間、妥当な範囲内で対応します。
  5. 法令その他の規範の遵守について
    当協会は、個人情報に関しての法令およびその他の規範、および協会内において定めた「個人情報保護規程」遵守し、コンプライアンスに努めます。
  6. 個人情報保護方針の継続的改善について
    当協会は、個人情報保護のための管理体制および取り組みを継続的に見直し、その改善に努めてまいります。

個人情報に関するお問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会 個人情報問い合わせ窓口
TEL 03-5976-5175、FAX 03-5976-5177
〒112-0012東京都文京区大塚5-40-18友成フォーサイトビル5階

平成24年4月
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
専務理事 久保田裕


ページTOPへもどる

「個人情報の保護に関する」法律に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」(以下「法」といいます。)に基づき、以下の事項を「公表」致します。

1 個人情報の利用目的の公表に関する事項(法第18条)

ご本人(情報主体)から書面等(ホームページや電子メールなど電子的方法や磁気的方法などによるものも含む。以下「書面等」という。)で直接個人情報を取得する場合は、それらに利用目的を明示致します(法第18条2項)(法令に明示の必要なしと規定されている場合を除く)。

2 個人情報の「第三者提供」について(法第23条)

ACCSでは、ご本人(情報主体)から取得した個人情報を適切に管理し、あらかじめ情報主体の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。但し、次の場合は除きます。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

法第23条第4項に掲げる場合については、法の定めるとおり、個人情報の提供にあたりあらかじめお客様の同意を得るべき第三者に該当しないものとします。
なお、会員名簿については、会員間に限り、紙に印刷されたものを開示します。
但し、会員会社から第三者提供の停止を求められた場合は、次回開示される会員名簿から当該個人情報を削除し、第三者への提供を停止いたします。


ページTOPへもどる

「保有個人データ」に関して「本人の知り得る状態」に置くべき事項(法第24条1項)

1 個人情報取扱事業者の名称

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会

2 すべての保有個人データの利用目的(第18条第4項第1号から第3号までに該当する場合を除く)

個人情報の類型 利用目的
ご入会申込書および会員調査票で取得した個人情報 当協会の会務のための事務作業、会報・メールマガジン等の情報提供、当協会の事業(セミナー等)の開催のご案内、会員名簿への掲載。なお、会員名簿については、会員に限り、紙に印刷されたものを開示します。
当協会が主催または共催する事業(セミナー、イベント等)に参加申し込みされた方の個人情報 お申し込みいただいた事業への参加にともなう事務処理、及び、当協会が主催または共催する事業(セミナー、イベント等)の開催についてのご案内、当協会が発行または取り扱う書籍等のご案内。
当協会の採用選考に応募された方の個人情報 採用選考の手続きのみ利用。
一般に市販、公表されている書籍、ホームページ等から取得する個人情報 当協会が主催または共催する事業(セミナー、イベント等)の開催についてのご案内、当協会が発行または取り扱う書籍等のご案内。当協会へのご入会のご案内。

3 「開示等の求め」に応じる手続き等に関する事項(24条1項3号、29条)

(1)申請先

開示等の求めは下記宛、(2)(3)(4)に定める必要な書類を郵送してください。なお、封筒に朱書きで「開示等請求書類在中」とお書き添え頂ければ幸いです。

〒112-0012東京都文京区大塚5-40-18友成フォーサイトビル5階
(一社)コンピュータソフトウェア著作権協会 個人情報問い合わせ窓口 行

(2)本人が申請する際に必要な書類 各1通

  1. 申請書(申請書はご請求下さい)
  2. 本人確認のための書類(運転免許証、パスポートなどの公的書類のコピーなど

(3)代理人が申請する際に必要な書類

未成年者または成年被後見人の法定代理人、もしくは開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人は、本人に代わって開示等の求めをすることができます。その場合は、前項の書類に加えて、下記の書類(AまたはB)を同封ください。

A. 法定代理人の場合 各1通
  1. 法定代理権があることを確認するための書類(戸籍謄本、親権者の場合は扶養家族が記入された保険証のコピーも可)
  2. 法定代理人、ご本人であることを確認するための書類(法定代理人の運転免許証、パスポートなどの公的書類のコピー)
B. 委任による代理人の場合 各1通
  1. 委任状
  2. 本人の印鑑証明書

(4)「開示等の求め」の手数料及びその徴収方法

「開示の求め」1回の申請ごとに、1000円(その他の申請は無料)
1000円分の郵便切手を申請書類に同封してください。

※手数料が不足していた場合、および手数料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡申し上げますが、所定の期間内にお支払いがない場合は、開示の求めがなかったものとして対応させていただきます。

(5)「開示等の求め」に対する回答方法

申請者の申請書記載住所宛に書面によって回答します。

(6)開示等の求めに関して取得した個人情報の「利用目的」

開示等の求めにともない取得した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲でのみ取り扱います。提出していただいた書類は回答終了後1年間保管し、その後廃棄します。

(7)「保有個人データ」の不開示事由について

次に定める場合は、不開示とさせていただきます。
不開示を決定した場合は、その旨理由を付記して通知します。また、不開示の場合についても所定の手数料をいただきます。

  • 申請書に記載されている住所・本人確認のための書類に記載されている住所・当協会に登録がある住所が一致しないなど本人が確認できない場合
  • 代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
  • 所定の申請書類に不備があった場合
  • 開示の求めの対象が「保有個人データ」に該当しない場合
  • 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • 当協会の業務の適正な実施に著しい支障をおよぼすおそれがある場合
  • 他の法令に違反する場合

4 保有個人データの取扱に関する苦情の申し出先(法24条1項4号、施行令第5条、法第31条)

お電話、FAXによる場合
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
個人情報取り扱い窓口 TEL 03-5976-5175、FAX 03-5976-5177
月~金 9:30~17:30(年末年始など事務局閉鎖期間はのぞく)
手紙による場合
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
〒112-0012東京都文京区大塚5-40-18友成フォーサイトビル5階
ご来協による場合
直接のご来社頂いてのお申し出はお受けいたしかねますので、その旨ご了承ください。

5 当協会の所属する「認定個人情報保護団体」の名称および苦情の解決の申出先(法24条1項4号、施行令第5条、法第31条)

現在、当協会が所属する「認定個人情報保護団体」はありません。


ページTOPへもどる