1. TOP
  2. ACCSについて
  3. ACCSの紹介

ACCSの紹介

ACCSについて

著作権の普及・啓発、コピー防止技術など技術的保護手段の普及の3点のバランス

私たちは、適切な知的財産保護のために活動しています。
一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)では、知的財産権が適切に保護される社会の実現のため、法の整備と権利行使(法律・ルール)、著作権の普及・啓発、コピー防止技術など技術的保護手段の普及の3点のバランスが重要と考え、日々さまざまな活動を展開しています。


ページTOPへもどる

沿革

1985年 社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(現社団法人コンピュータソフトウェア協会)の理事会において成立、名称を「ソフトウェア法的保護監視機構」とする。
1990年 7月に独立。9 月に名称を「コンピュータソフトウェア著作権協会」とする。
1991年 文部省(現文部科学省)の許可を得て、「社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会」となる。
2012年 名称を「一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会」とする。

ページTOPへもどる

所在地

一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
(Association of Copyright for Computer Software)
住所:〒112-0012 東京都文京区大塚5-40-18 友成フォーサイトビル5F
TEL :03-5976-5175 FAX :03-5976-5177
公式Twitterアカウント:@ACCSJP

ページTOPへもどる

ページTOPへもどる