1. TOP
  2. 活動報告
  3. セーブデータの改造代行、不正競争防止法違反で男性ら初摘発

活動報告

セーブデータの改造代行、不正競争防止法違反で男性ら初摘発

2019年7月1日

 新潟県警察、神奈川県警察は、令和元年7月1日までに、ニンテンドー3DS用ゲームソフト及びPlayStation®4用ゲームソフトのセーブデータの改造代行をしていた男性らを、ゲームソフトのセーブデータに施された技術的制限手段を回避する役務を提供したとして、不正競争防止法違反の容疑でそれぞれ摘発したと発表しました(詳細は下記のとおり)。

 平成30年11月29日に施行された改正不正競争防止法では、技術的制限手段の保護対象として、従来から対象であった映像やプログラムに加え、「データ(電磁的記録に記録された情報)」が追加されたこと等により、ゲームソフトのセーブデータを改造するツールやプログラムの譲渡、セーブデータの改造代行、ゲーム機器の改造代行を行うことが不正競争行為と定められました。
 男性らは、インターネットオークション・インターネット販売サイトにおいて「最強データ」などと説明・出品した上でセーブデータの改造代行を行い、購入者に代わってニンテンドー3DS及びPlayStation®4のゲームソフトに施された技術的制限手段を回避するサービスを提供したとして、改正不正競争防止法を適用した初めての摘発となりました。

 メーカーではゲームソフト及びゲーム機器に様々な技術的制限手段を用いることで違法コピーや不正改変、不正改造を防いでいます。 しかしながら、今回の様に、技術的制限手段を回避するサービスが堂々と提供され、セーブデータを不正に改造したプレイヤーがオンラインを介してゲームに参加することで、他のプレイヤーやゲーム全体に悪影響を及ぼすことから大変ゆゆしき問題と捉えています。

 ACCSでは、不正な改造がなされることなく、ゲームを安心して遊戯できる環境を整えることは、ゲーム産業の健全な発展に不可欠であると考えており、技術的制限手段を回避する機能を有するツールの提供、これを使用して行われる改造代行行為について、改めて注意喚起を行っていくとともに、悪質な事案に対しては断固とした対応を進めて参ります。

捜査機関 新潟県警サイバー犯罪対策課・三条署
被疑者 新潟県三条市・会社員30代男性
機種 ニンテンドー3DS
ゲームソフト/販売元 ・ポケットモンスター ウルトラムーン【任天堂(株)】
・MONSTER HUNTER 4G【(株)カプコン】
備考 平成31年3月6日送致
捜査機関 神奈川県警サイバー犯罪捜査課・川崎署
被疑者 京都府綾部市・無職20代男性
機種 PlayStation®4
ゲームソフト/販売元 ・MONSTER HUNTER: WORLD【(株)カプコン】
備考 令和元年7月1日逮捕
  【7月24日追記】
捜査機関 京都府警生活保安課・南署
被疑者 愛知県清須市・会社員40代男性
機種 ニンテンドー3DS
ゲームソフト/販売元 ・ポケットモンスター ウルトラサン【任天堂(株)】
・ポケットモンスター ウルトラムーン【任天堂(株)】
備考 令和元年7月24日送致
  【9月17日追記】
捜査機関 熊本県警サイバー犯罪対策課・熊本東署
機種 ニンテンドー3DS
ゲームソフト/販売元 ・ポケットモンスター ウルトラムーン【任天堂(株)】
・ポケットモンスター ウルトラサン【任天堂(株)】
・MONSTER HUNTER 3G【(株)カプコン】
・MONSTER HUNTER 4【(株)カプコン】
・MONSTER HUNTER 4G【(株)カプコン】
・妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団【(株)レベルファイブ】
備考 令和元年9月10日送致

一覧を見る


ページTOPへもどる