カテゴリ:2014年10月

2014年10月27日

11月9日は秋葉原に行こう!

こんにちは。ACCS広報担当です。
ACCSが参加している不正商品対策協議会は、11月9日に、秋葉原でイベントを開催します。

「ほんと?ホント!フェアin東京」と題するイベントでは、篠田麻里子さんを不正商品撲滅キャンペーン隊長に、アイドルユニットのX21をキャンペーン応援隊とする任命式や、知的財産○×クイズ大会等をステージイベントとして実施するほか、ACCSをはじめとする不正商品対策協議会参加メンバーのパネル展示やクイズラリーなどもあります。

私も数年前にほんと?ホント!フェアのスタッフとして参加しましたが、会場に立ち寄られたお客様が海賊版や模造品などを興味深く見ていただき、知的財産権に関するクイズラリーに楽しく挑戦いただく姿を見て嬉しかった覚えがあります。

当日は、お買い物や観光のついでにぜひお立ち寄りいただければと思います。

不正商品対策協議会公式サイト

"11月9日は秋葉原に行こう!" の続きを読む

2014年10月23日

蘇る歌声

こんにちは。ACCS広報担当です。
本日、ACCS会員のヤマハ(株)より、同社の歌声合成技術を用いて故人であるhide氏の未発表曲のボーカルパートの再現に協力したとのニュースリリースがございました。

ニュースリリースによると、「hide氏が生前に残した膨大なボーカルデータを解析し、『VOCALOID』による歌声合成に必要な音声素片のサンプリングを行い、さらに、生前のボーカルデータだけで補いきれない部分については、当社の最新の声質変換技術を用いることで、hide氏の歌声を限りなく再現したボーカルパートの制作を実現しました。」とのことです。

以前には、2011年に、植木等氏の歌声も再現しているそうですが、凄い時代になったものです。
ビルボード・ミュージック・アワード2014でマイケルジャクソンがホログラムでステージに登場したのはまだ記憶に新しいところですが、未発表曲が本人の声で世に出ることは、ファンには嬉しいニュースですね。

hide未発表曲のボーカルパートの再現に当社の歌声合成技術「VOCALOID™」が使用されました    

(ヤマハ(株))

"蘇る歌声" の続きを読む

2014年10月15日

土曜日にイベントを開催します

こんにちは。ACCS広報担当です。
本日、京都のイオンモール京都五条にて、京都府警との共催イベントを開催しております。
お近くの方はせひお越しください。午後6時まで開催しております。

そして、今週の土曜日(15日)には、青森と豊橋でもイベントを開催いたします。
青森のイベントで著作権に関する○×クイズ大会を開催しますのでぜひご参加ください。
なお、個人的にオススメなのが、青森県警察による「鑑識体験」。
黒ブチメガネで参加して米沢さん気分を満喫されてはいかがでしょうか。

豊橋のイベントは、ホンモノ・ニセモノの比較展示がオススメです。会場では共催の愛知県豊橋警察署によるミニ白バイやレスキュー車の展示などもありますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

"土曜日にイベントを開催します" の続きを読む

2014年10月10日

札幌と京都でイベントを開催します

こんにちは。ACCS広報担当です。
今週末の10月11日(土)に、北海道警察と共催する防犯イベントをイオンモール札幌平岡で開催いたします。
概要はニュースリリースをぜひご覧いただきたいのですが、札幌市を拠点に活動するアイドル集合体「Teamくれれっ娘!」が一日サイバーポリスとして任命されます。Teamくれれっ娘!ファンなら要チェックですよ!
また、着ぐるみキャラクターも多数登場しますが、ACCS会員の(株)バンダイナムコゲームスの「太鼓の達人」シリーズでおなじみの「どんちゃん」も登場します!

また、15日(水)には、京都府警と共催するイベントをイオンモール京都五条で開催いたします。
こちらは京都を拠点に活動する「ミライスカート」が一日サイバーポリスに任命されます。
そして、着ぐるみキャラクターとして、ACCS会員の(株)レベルファイブの「妖怪ウォッチ」シリーズでおなじみの「ジバニャン」も登場します!

お子様から大人の方まで楽しみながら著作権などを学べるイベントですので、お近くの方は是非遊びに来てください。よろしくお願いします。

"札幌と京都でイベントを開催します" の続きを読む

2014年10月01日

幼児向けタブレット端末

こんにちは。ACCS広報担当です。
デジタルネイティブ世代という言葉が生まれて久しいですが、小さなお子さんは大人のものを触りたがるといいますか、いじりますよね。
昔ですとパソコンや携帯電話ですが、近頃はスマートフォンやタブレットなどを大人の真似をしてポチポチシュッシュしてる姿がよく見られます。
せっかくですから、安全で楽しく学べる専用の端末を使わせるという選択もありでしょう。

ACCS会員の(株)バンダイより、国立大学法人 東京学芸大学と特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所との共同研究による幼児向け本格タブレット端末『コドなび!』が10 月25 日(土)より発売となります。
ニュースリリースによると、「Wi-Fi 経由でインターネットに接続できる一方、保護者用の管理画面で、ネットへの接続の有無や接続時間の制限、遊ばせる時間の設定等が可能なため、安心してお子さまにお使いいただくことができます。」とのことです。また、「合計150 種類以上のオリジナルの学習メニューが収録されており、タブレットで学習した内容を実体験に移したり、遊びの中で自然と学べたりする新発想の学習プログラムを多数取り入れ、深い学びへと子どもたちを導きます。」とのことです。

子供に情報機器をどの段階でどのように使わせるかは、家庭によって様々お考えがあると思いますが、このような機器を上手に活用していただき、親子で情報モラル(情報社会で適切な活動が行える知識と態度)を身に付けていただければと思います。

「コドなび!」公式サイト((株)バンダイ)

"幼児向けタブレット端末" の続きを読む

ページTOPへもどる