1. TOP
  2. 活動報告
  3. 悪質な便乗商品を販売、不正競争防止法違反で有罪判決

活動報告

悪質な便乗商品を販売、不正競争防止法違反で有罪判決

2022年12月16日

 名古屋地方裁判所は2022年12月16日、「鬼滅の刃」のキャラクターが着用する羽織・着物の柄(商品等表示)を用いて消費者に正規ライセンス商品との誤認混同を生じさせる「便乗商品」を販売するなどして、不正競争防止法違反の容疑で逮捕・起訴されていた法人及びその代表男性に対し、有罪判決(法人に対し罰金500万円、男性に対し懲役2年、執行猶予5年、罰金300万円)を言い渡しました。
 著作権や商標権を侵害する海賊版や偽造品の販売のみならず、他人の商品等表示を用いた不正競争に該当する「便乗商品」の販売についても有罪判決が言い渡されたことは、コンテンツの適正利用と消費者保護の観点からも大きな意義があったものと考えられます。
 ACCSは、今後も著作権のみならず知的財産権に係わる普及活動を積極的に実施して参ります。

一覧を見る


ページTOPへもどる